« サウンドロゴの歴史がスゴかった、ヴァリグ航空 | トップページ

2014年3月25日 (火曜日)

企業ソングの歴史もスゴかった、ヴァリグ航空

こんにちは。ヴァリグ航空にドはまり中ののこのこです。

この会社すごいんですよ。前回の記事で60年近く同じサウンドロゴが使い続けられたことを紹介しましたが、あの後いくつか動画を見ててふと気づきました。

1950年代に放映されたこのCMで使われている曲と、

2006年に放映されたヴァリグ航空最後のCM、

なんと同じ曲なんですねwwwwww

これは凄い。

ってことで、外国語マニアの俺氏が訳してみましたよっと。

Estrela Brasileira no céu azul,
Brazilian star in the blue sky,
青空に浮かぶブラジルの星

Iluminando de Norte a Sul,
Illuminating from North to South,
北から南へ輝く

Mensagem de amor e paz,
Message of love and peace,
愛と平和の言葉

Nasceu Jesus chegou o natal,
Born Jesus came Christmas,
神が生まれクリスマスが来た

Papai noel voando a jato pelo céu,
Santa flying jet in the sky,
サンタがジェット機を空に飛ばし

Trazendo um natal de felicidade,
Bringing a native of happiness,
本当の幸せを運んでくる

E um ano novo cheio de prosperidade.
Prosperity and new full one year.
新しい年が幸せであるように

はい、こんな感じでカラオケでも歌えますよwwww

ブラジルの人聞こえますかwwww

お友達にブラジルの方がいらっしゃったら是非歌ってみては如何でしょうか。

この曲も60年近く使われているんですね…。日立のこの木なんの木以上だとは…。

|

« サウンドロゴの歴史がスゴかった、ヴァリグ航空 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390436/55510879

この記事へのトラックバック一覧です: 企業ソングの歴史もスゴかった、ヴァリグ航空:

« サウンドロゴの歴史がスゴかった、ヴァリグ航空 | トップページ