« テスト終わったああああああああ! | トップページ | 企業ソングの歴史もスゴかった、ヴァリグ航空 »

2014年3月23日 (日曜日)

サウンドロゴの歴史がスゴかった、ヴァリグ航空

こんにちは。久々の更新ですね。

今回は、ブラジルの「VARIG」という空会社が気になったので記事にしてみました。
きっかけはこの動画を見たことから。

From Brazil to Japan via デデデンwwwデデデンwwwデデデンwww

って、余りにも強引すぎますねwwww

この話には他にも種類があって、

なんと大阪万博に浦島太郎が行くというヤバい感じの奴や…

友情とか出てくる奴…

この全てのCMの最後に出てくるサウンドロゴ「デデデンwwwデデデンwwwデデデンwww」ですが、これが使われ始めたのは1950年代のようです。

ブラジルでテレビ放送が始まったのは1950年なので、本当に最初の頃からあるんですねえ。

この動画の最初のヴァリグ航空一番最初のCMでも、デデデンデデデンデデデンは登場します。

4分50秒からはフル版のデデデンも登場。ヴァリグwwwヴァリグwwwヴァリグwwwっていう歌詞なんですねwww

そして実に60年近く、このサウンドロゴは使い続けられました。

こちらは2006年のCM。最後のところを見ると、なんとこちらでもデデデンと歌われてます。

これだけ長い時間、このサウンドロゴを使い続けられるって凄いことですよね。

ちなみにヴァリグ航空は、経営悪化のために上記のCMを最後につぶれてしまいました。

日本で一番サウンドロゴが長い会社ってどこでしょうね…。

|

« テスト終わったああああああああ! | トップページ | 企業ソングの歴史もスゴかった、ヴァリグ航空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390436/55484323

この記事へのトラックバック一覧です: サウンドロゴの歴史がスゴかった、ヴァリグ航空:

« テスト終わったああああああああ! | トップページ | 企業ソングの歴史もスゴかった、ヴァリグ航空 »