« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月の4件の記事

2014年1月22日 (水曜日)

英語版・勇気100%

こんばんは、のこのこです( ´∀`)

1993年に発表された光GENJIの「勇気100%」、名曲ですよねえ。

「忍たま乱太郎」のアニメが放映されると同時に国民的な曲へとなったこの曲ですが、世界中に広がっているんです。

海外でも「忍たま乱太郎」は人気で、現地の放送局が現地語に翻訳したものを放送しています。

オープニング映像のみならYouTubeなどで入手できるのでささっと調べてみましたところ…

んでんでこの中でのこのこの理解できる言語ってのは日本語と英語しかないわけで、何故か自分、英語は死ぬほどできるんですwwwwwww(自慢乙)

まあ今年の夏にはアメリカにホームステイに行くかもしれないし、英語には日常的に関わっとかないとですよね。

ってことで英語版聴いてみたんですが、

歌詞が…物凄い。

以下、俺式適当翻訳で作った歌詞解説です。とりま御覧ください。

I Will Never Fall in Love Again / Nintama Rantaro Opening Theme

I'm sorry baby, I just gotta go now

(ごめんね、今行こうとしてたんだ)

No point making me stay

(居てもしょうがないのに)

After all the good and bad times we've been through

(色んな時間を一緒に過ごし)

You can go on hitting my heart

(君に心を打たれた)

Wow-Wow I can see from your eyes

(分かるさ、君の目の中)

That you have been lying ever since you met him

(彼に会うまでウソをついてきたこと)

What has happened babe, I don't understand

(何があったか俺には分からない)

Why don't you just let me go

(なんで俺を行かせないの?)

From now on, I'll make it on my own

(これからは独りでもできる)

Don't need you here anymore

(君はここにいなくていい)

And don't you worry baby, I just wanna be alone

(心配ないよ、独りになりたいんだ)

I will never fall in love again

(もう二度と恋なんてしない)

After all the hurt that you had put me through

(君に突き通された痛みの後に)

I know I'll be strong and I will just go on

(俺は強くなる、今はもう行くよ)

What's the use of holding on

(引き止めてどうするんだ?)

I will never fall in love again

(もう二度と恋なんてしない)

You know you and I will never be the same

(君と俺は二度と一緒になれない)

Now that I'll be gone won't you just say so long

(俺がいなくなっても君なら忘れられる)

See you baby, see you sometimes maybe

(さようなら、またいつかきっと)

…はい。要するにNTRされた人の話なんですねえ。怖いですねwwwww

ちなみに括弧の中の歌詞で歌えるようにしときました。カラオケでどうぞw

元の日本語版からの内容の乖離が激しくてもう何だかwwwwww

この曲は公式に使われた形跡が無いんですが、非公式かなんかでしょうか。気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水曜日)

CRYING ON MONDAY

突然ですがこの曲知ってますか?


知ってる人とはいい酒が飲めそうですねwww

えっとこれは、1990年代に放送された変態育成子供向け番組、ウゴウゴルーガのオープニング曲です。

やっぱ失恋ソングなんでしょうけど、曲から出てくる前向きな雰囲気がすごく好きです。こんな曲がOPになってたとは…ww

ちなみに現代文のテストの前にはあさのぶんがくに相当お世話になりました。案外使えますよあれwwww

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 9日 (木曜日)

MacBookから投稿…

こんばんは、のこのこです( ´∀`)ノ

今回は前回の記事で書いたMacBookから…。

こいつに触るまでは祖父の家にあったQuadra 650らしき奴に漢字トーク7ぐらいを載っけた機体を3,4歳の頃に触ったっきり…。

Windowsから移行すると、とにかく色々と新鮮です。

一番驚いたのはソフトのインストール方法でしたね。

ソフト単体がダウンロードされて、それをアプリケーションフォルダに突っ込めばおkっていう…。

アンインストールはソフトをゴミ箱に捨てれば完了なんですw

Windowsで使っていたソフトも大体Mac版が用意されています。

LINEとかSkypeとかGoogle Chromeとか、ほぼ大丈夫です。

それでも気に入らなければBootCampっていう機能があるので、Windowsをナマで動かせたりします。凄いですね最近のは。

デスクトップは大体こんな感じです。

20140109_213152

いいですよね〜。快適です。

Windows XPも一応入れてみました。さっき入れたばっかなのでWindows Updateとかをかけないとですね。

今年の4月でサポートが終わるって?家じゃまだWindows 3.1 + Trumpet Winsockが現役だぜHAHAHAHAHAHAwwwwww

まあアンチウイルスとファイアウォールでどうにかなる(キリッ

20140109_215417

はい、〆はいつものパターンですねwwww

VirtualBOXのMac版です。

Windows 95が出て、そしてこの曲が出てもう19年になるんですねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 4日 (土曜日)

あけおめ、ことよろです!

大変遅れましたが、明けましておめでとうございます(笑)

今年も本ブログ及びのこのこをよろしくお願いします( `・∀・´)ノ

ということで、新年買い物スペシャルですよっと。

今回また買ってしまった一覧はこちら。

その1.MacBook Late 2006

Dsc00517

…はい(笑)、16年間WindowsとLinux一筋だった管理人、ついにMacデビューですww

(でも中身はUNIXだし、FreeBSD使ってるからアレかゲフンゲフン)

とにかくintel MacBookの最初のモデルで、Core 2 Duoが初めて搭載されたということで、大変古いモデルです。だがそれがいい。

メモリは1GB、HDDは80GB。Mac OS X 10.4を初期搭載しています。

初めはAirMac(無線LAN機構)で無線を探知させる度にカーネルパニックを起こすので何事かと思いましたが、公式のアップデータを適用してAirMacの更新とMac OS X 10.4.11にしたことにより収まりました。

先ほどヤフオクでSnow Leopardのディスクをポチったので、届き次第SLにアップグレード、そうしたらメイン環境とする予定です。

予算ができたらメモリ4GB化、SSD化も行いたい…。

中古にしては珍しくバッテリーがきちんともっている珍しいモデルでした。

自宅で使っているパソコンはLenovo ideapad S9eを除き全てバッテリーが死んでいるので、ありがたいです。

Macは小さい頃に祖父の家にQuadraらしきものがあった記憶ぐらいしかないので、本格的に触れるのは初めての超初心者です。

ターミナルじゃないと落ち着きません(笑)

Windowsから乗り換える人向けの講座をやってほしいぐらいですww

こちらに関してはまた近いうちにドーンと記事にします。お楽しみに。

その2.Mio DigiWalker C323

Dsc00518

…まあ、半分これ目当てですから(爆)

Windows CE 5.0搭載のポータブルナビです。充電が家のコンセントからできます。自転車にくっつきます。大変便利ですが内蔵地図なんじゃこりゃ

CEが動くんで、TCPMPとかエミュとかONScripterとか色々と夢が広がりんぐです。

こちらの改造もそのうち記事にしますねw

その3.タイプライター Brother Valiant 413

Dsc00519

これが動くから凄い。ネットにあった使い方通りに動かしたら印字もできました。英語だけど。

インクで打つから、押し間違えると悲惨なんですよね。取り返しがつかないw

まあネタになりますねwwww

とまあ、早速衝動買い祭り開催中です。(尚、年中開催される模様)

そろそろ半端じゃない程持ち物が増えてきたので、このブログのどっかにデジモノ一覧でも作ろうかなと考え中です。

とりあえずはSLが届くのを楽しみにしときます。ではでは。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »