« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月の2件の記事

2011年6月19日 (日曜日)

Windows Blackcomb...

Windows 3.1の開発途上版は「Windows Janus」
Windows 3.11の開発途上版は「Windows Sparta」
Windows 95の開発途上版は「Windows Chicago」
Windows 98の開発途上版は「Windows Memphis」
Windows Meの開発途上版は「Windows Georgia」
Windows NT 3.5の開発途上版は「Windows Daytona」
Windows NT 4.0の開発途上版は「Windows Cairo」
Windows 2000の開発途上版は「Windows NT 5.0」
Windows XPの開発途上版は「Windows Whistler」
Windows XP Tablet PC Editionの開発途上版は「Windows Lonestar」
Windows XP Media Center Editionの開発途上版は「Windows Symphonie」
Windows Vistaの開発途上版は「Windows Longhorn」
Windows Server 2003の開発途上版は「Windows .net Server」
Windows Server 2008の開発途上版は「Windows Longhorn Server」
Windows Fundamentals for Legacy PCsの開発途上版は「Windows Eiger」
そして、開発中止になったものとしては「Windows Neptune」「Windows Odysee」「Windows Nashville」

そして、Windows 7の開発途上版は・・・?


Blackcomb

黒い昆布

Comb


・・・はい、一発ネタです(笑)

でもこうやって開発途上版の名称を見ていると、ほとんど地名なんですね。
みんな開発途上版は個性があって良いと思います。
特にChicagoとWhistlerはおすすめ。
Chicagoは「タスクバー」が出来ていく過程が見られる(最初はスタートメニューにプログラムを起動する項目はありませんでしたw)し、
Whistlerはデザインが(・∀・)イイ!!
あれはXPでも採用するべきでしたね・・・まぁ、「Office XP」ことOffice 2002シリーズで採用されてるけど。

みなさんも開発途上版巡りをしてみては?面白いですよ(^-^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月 1日 (水曜日)

レビュー: SHARP PA-6500

ども、ノコノコです。
こないだハードオフ行ってみたら、良さげな電子手帳があったので衝動買いしますたw

「SHARP PA-6500」
Hni_0049_2

ジャンク品扱いで500円。安っ!!

「漢字」と書いてあるだけあって、漢字表示/入力がウリみたいですね。
電源を投入したら初期設定の日付が

1988年 1月 1日

古っ!!
調べてみたところ、平成元年発売のようです。
そういえば、どことなくバブル臭のする本体だなぁ・・・

で、22年前の電子手帳にも関わらずいろんな機能がついていました。

☆時計
Hni_0045

まぁ、これはあたりまえですね。

☆世界時計
Hni_0046_2

画面ではロンドンですが、世界120の地域の時刻を表示できる・・・ってアレ?

Hni_0050

レ・・・レニングラード!?

1989年のころはソ連だったんですよね・・・

☆アドレス帳
Hni_0047

名前、電話番号、住所が登録できます。メールアドレス?なにそれおいしいの?

☆カレンダー
Hni_0048

予定を登録できるハズですが、いまひとつ方法が掴めない・・・いじくりまわしときますw

☆インターネット(嘘)
Hni_0044

これこそがメイン!!
ダイヤルアップ・9600dpsを採用。全国のアクセスポイントから接続できます。
画像はGoogleを表示してみたものです。

ってできたらいいよね☆

☆メモ帳
あらためて紹介。漢字6桁(ひらがな、カタカナ12桁)x20行もしくはカタカナ16桁x40行のメモが書けます。

まあ、こんな感じで時計、電話帳、カレンダー、インターネットメモ帳と揃ってます。

評価:★★★★

良いところ
・89年で漢字4行表示+この薄さ(電卓並み)はスゴイ。
・機能がこんなにくっついてて500円(中古だからw)
・動作用電池とバックアップ用電池があり、動作用電池が切れても一定期間はデータを保持できる。
(92年に電池を交換したとの記述がみられたものの、動作用電池を交換して電源を入れたら前の人のデータが出てきてビビりました。前の人、データ消しときましたからねw)
・連文節変換ができる

悪いところ
・キーレスポンスが悪い。個人的にはもう少し厚くてもいいので、キーをしっかりとさせてほしかった。まあ89年だからいいかw

と、総合的にはとても良い端末でした。話題にもなるしね。

さて、「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式」でも見ますか、(^-^)ノシ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »