« FreeDOS上でWindows 3.1 | トップページ | バレンタイン・・・orz »

2011年2月10日 (木曜日)

レビュー:テレビゲーム15

結論:ハードオフは

☆入手の経緯
小遣い握りしめ地元のハードオフに行ったところ・・・

「テレビゲーム15 4200円 取扱説明書欠品 レアです」

との説明。

購 入 確 定

さっそく持ち帰ってみました。

※以下の解説は絶対に他サイトさんのほうが詳しいです。
この記事を読まれてテレビゲーム15に興味を持たれた方は、Let's google!(ググれ)

全体
Hni_0035

左右=コントローラー
真ん中=操作パネル

特徴としては、
・コントローラーがダイヤル式(昭和・・・)
・ソフト差し替え不可能
・しかも内臓15ゲームも使い回し(基本は一緒で、間に障害物を加えただけ)
・カラー表示、効果音可能

ですね。
これで1977年(昭和52年)だから、すごいのではないでしょうか、と個人的に思いますw

Hni_0039

型番はCTG-15V、ColorTvGameの略でしょう。
ちなみにDSiは「TWL」、DSiLLは「UTL」ですね。何の略だろう・・・

単2x6本でも動きます。経済的なのか電池の無駄なのか・・・

じゃ、早速プレイしてみましょう!
Hni_0038

上に出てるのは得点。ちなみにテニスです。
画面両端の縦線でボールを打ち返します。
ボールはリセットボタンを押して放っておくと出てきます。
打ち返したり、得点を入れると音が鳴ります。
15点満点です。

さて、このテレビゲーム15、どうやってテレビにつなぐと思いますか?
1.HDMI
2.コンポジット(黄白赤)
3.RFケーブル


Answer

1だと思った人→「Wiiで遊ぶ マリオテニスGC」をお勧めします。
2だと思った人→半正解。
3だと思った人→大☆正☆解!!

というのは、

[TV](アンテナ端子)--(コンポジット延長ケーブル)--(コンポジットケーブル)--[TVゲーム15]

こんな感じで繋いでるんです。

100均でアンテナ端子とコンポジット延長ケーブルを買って、延長ケーブルの先っぽにアンテナ端子を取り付けます。んで反対側にテレビゲーム15の出力をつなげば出来上がり!

・・・なんかゴチャゴチャしてますけど、要は改造しましたってことです。

改造の方法は気が向いたらうpしますね。

最後に、WikipediaとYouTubeのCMのリンク貼っておきます。

Wikipedia
YouTube

|

« FreeDOS上でWindows 3.1 | トップページ | バレンタイン・・・orz »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390436/38816698

この記事へのトラックバック一覧です: レビュー:テレビゲーム15:

« FreeDOS上でWindows 3.1 | トップページ | バレンタイン・・・orz »