« FreeDOS インストール | トップページ | FreeDOS上でWindows 3.1 »

2011年1月19日 (水曜日)

FreeDOS 日本語化

初めに

この文章では、「\」を「\」と表示しています。

ダウンロード

☆FreeDOS/V 珠洲(すず)版(データ抜き出し用)

URL:http://homepage1.nifty.com/bible/fdos/

※※説明※※
FreeDOS/V 珠洲版は、水城珠洲さんが独自に日本語化を施したFreeDOSです。
容量はFD1枚分、ハードディスクへのインストールも可能です(推奨はされていません)。
このまま、FreeDOS/V 珠洲版を使ってもいいでしょう。
しかし、FreeDOS/V 珠洲版のキーボードドライバー(キーボード配列を日本語にするもの)にバグがあるようで、文字を打つとメモリーがエラーを起こしてしまいます。(VMware Playerにて確認)
エラーが発生せず、手軽に利用したい人にとってはこのディスクを使用するのも一つの選択だと思います。
そのような方のために、このディスクで起動する方法も併記します。

1.「menu」欄の「FreeDOS/V」をクリック。

2.「fdos0138.exe」をクリックしてダウンロード。

3.ダウンロードしたEXEファイルを実行

4.FDをAドライブに挿入し、「Writing on Floppy」にチェックを入れる。

5.「Writing on Floppy」欄の「Formatting」にチェックをつける(フォーマットされます)

6.「OK」を押す。

7.「Insert floppy to write」(ディスクを入れてください)と出るので「OK」。

8.書き込みが終了すると自動的に閉じます。

※※オプション※※
「File extraction」→FD内のファイルをフォルダに抽出
「Image File」→仮想FDファイルを作成

以上で完了です。

ちなみに、「FDドライブがない!」という人はCDに中身を書き込んでもOKですよ。
ただし、起動はしなくなります。

インストール

FreeDOSが起動した後、FDを入れてください。
Cドライブに適当な名前のフォルダ(例:JAPANESE)を作り、その中に日本語化ファイルを入れることにします。

コピーするもの

A:\DOS

04GZN16X.FNT GURI16X.FNT GURI19X.FNT SNYHN19X.FNT CHES.EXE DISPVB.EXE FONTN.INI FONTNX.EXE VESAPAT.EXE

以上のファイルをC:\JAPANESEにコピーしてください。

こんな感じになると思います。
Photo

それでは、これらの日本語化ツールをCONFIG.SYSに導入していきましょう。

※※注意※※
FreeDOSでは「CONFIG.SYS」が「FDCONFIG.SYS」になっています。

1.「EDIT \FDCONFIG.SYS」と入力(FreeDOS Editorが起動し、FDCONFIG.SYSを読み込みます。)

2.
「MENU 4 - Load FreeDOS without drivers」の下に

「MENU 5 - Load FreeDOS in Japanese mode」と追加します。

3.その下の行に

123?などと書かれている項目がありますが、「1」と書いてある項目のすべての「?」の前に「5」と書いてください。

4.「2?DEVICE=C:\FDOS\BIN\EMM386.EXE X=TEST」の行の下に

「5?DEVICE=C:\JAPANESE\VESAPAT.EXE」

「5?DEVICE=C:\JAPANESE\DISPVB.EXE」

「5?DEVICE=C:\JAPANESE\FONTNX.EXE」

と書いてください。

5.こんな状態だと思います。
Fdconfig

6.「File」→「Save」を押し、保存したら「File」→「Exit」で終了してください。

7.AUTOEXEC.BATを編集します。

「EDIT \AUTOEXEC.BAT」と入力してください。

8.一番最後に

「IF "%CONFIG%"=="5" \JAPANESE\CHES JP」

と追記してください。(起動時に日本語化されます)

9.6番と同じ方法で保存して終了してください。

10.再起動し、メニュー画面で「5 - Load FreeDOS in Japanese mode」を選択すると日本語化されます!
Photo

これで日本語ソフトウェアの起動ができます。

ちなみにEDITなどは英語モードでないと起動できません。

その時には「\JAPANESE\CHES US」と入力してください。

戻るときは「\JAPANESE\CHES JP」です。

|

« FreeDOS インストール | トップページ | FreeDOS上でWindows 3.1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390436/38532107

この記事へのトラックバック一覧です: FreeDOS 日本語化:

« FreeDOS インストール | トップページ | FreeDOS上でWindows 3.1 »