« FreeDOS 日本語化 | トップページ | レビュー:テレビゲーム15 »

2011年1月23日 (日曜日)

FreeDOS上でWindows 3.1

・Windows 3.1 日本語版

結果:VirtualPC上でスタンダードモードでOK。

インストールは普通に完了しました。

しかし、その後CONFIG.SYSをいじる必要があります。

XMS関係をどうにかして、メモリーを64MBにしたら動作しました。

音は「Creative Labs Sound Blaster 1.5」、ポートは220,割り込みは5です。

起動時に「チャチャ~ン♪」と懐かしの効果音が聞けますよ。

画面は「S3 Trio 32/64」が本来なのですが、FreeDOSではスタンダードモードでしか動作しないため、800x600 16色の「Super VGA 800x600 16色 ゴシック 10pt」(pt指定はご自由に)が限度です。

画面をいじくるときには、

C:\WINDOWS>SETUP

と打ち込み、DOSから設定しましょう。途中、Windows3.1のインストールディスクの挿入を求められます。

マウスはPS/2方式で動作確認しました。もっとも、VirtualPCならUSBでも可能だとは思いますが。(未確認)

日本語入力は「MS IME for Windows」で確認しました。
Windows 3.1版のOfficeやWorks、一太郎(ATOK)を持っていれば入れてみるのも面白いですね。

インターネットは、Trumpet WinsockとWINPKT.COMは入手したものの、パケットドライバが見つからないため、接続できませんでした。
各PCに付属していたドライバがあればOKかもしれません。
※※Tips※※
WINPKT.COMをインストールするには、CONFIG.SYSに以下のように記述する必要があります。

DEVICE=<WINPKTを入れたフォルダ>\WINPKT.COM 0x60

ちなみに、VirtualPCのドライバについてですが、海外のサイトで「Intel 21143用のドライバを使えばいいよ」との情報があり、ドライバも入手しましたが、導入方法がわからないため、未確認です。

あと、WINPKTを入れると「SET PATH」などが効かなくなったりするので、AUTOEXEC.BATに入れる場所を工夫すると良いと思います。

最後に、スクリーンショットを1枚。
Windows_31

パチッ

今は亡き、「CLOCK.EXE」(時計)や「ICONEDIT.EXE」(アイコンエディタ)、「PROGMAN.EXE」(プログラムマネージャ)、「WINFILE.EXE」(ファイルマネージャ)などなど。

なんで「バージョン 3.10」ってなってるんでしょうね。Windowsって3.10と3.11は英語版だけかと思ってたんですが・・・

やっぱこのデザインは個人的にどのWindowsよりも好きです。
好きな順に言うと、

「Windows 3.1」>「Aero」(Vista,7)>「Windows Classic」(95~)>「WaterColor」(Whistler)>「Luna」(XP)

ですかね。すごい個人的ですがw

さて、FreeDOS編もこんなもんですかね。

・・・やっぱホンモノには敵わないんだな、と思いつつも、技術の進化には目を見張るものがありましたね。

|

« FreeDOS 日本語化 | トップページ | レビュー:テレビゲーム15 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1390436/38575493

この記事へのトラックバック一覧です: FreeDOS上でWindows 3.1:

« FreeDOS 日本語化 | トップページ | レビュー:テレビゲーム15 »